妊娠
妊娠したかも?

そう思ったら受診してください。出産までしっかりとサポートしていきます。

産婦人科の受診について

妊娠したかも?という方は1階の窓口で受付を済ませてから、2階産婦人科外来を受診してください。
すでに他の産婦人科で受診している方は、現在受診中の病院より紹介状と妊娠初期の検査データのコピーを持参してください。同じ検査を当院で行わずに済むため、受診がスムーズになり検査費用を抑えることにもなります。
どちらも、待ち時間短縮のために電話での受診予約(※1)をおすすめします。
※当院のどちらの診療科も受診されたことがない方は予約を受け付けることができません。一度1階窓口にて診察券の発行を受けてください。

妊婦健診について

妊婦健診はお母さんと赤ちゃんの定期健診です。

週数により健診の頻度は異なります。

健診の際、助産師と定期的にお話させていただく機会もありますので不安なこと、心配なことを気軽に相談してください。

無事出産を迎えられるよう妊娠期のお手伝いをさせていただきます。

江別市にお住まいの方は保健センターで発行される妊婦健診受診票が使用できます。
※妊婦健診受診票は保健センターの他、市役所の医療助成課及び大麻出張所でも交付しています。

江別市以外にお住まいの方は、お持ちの妊婦健診受診票が当院で使用できない場合がありますので、あらかじめお住まいの保健センターに確認しご持参ください。

里帰り出産について(転院も同様)

事前に分娩予約の必要はありません。里帰り出産または当院への転院をご希望される場合は、診療券がなくても登録できますので、必ず電話にて受診予約をお願いいたします。妊娠第34週までに(和痛分娩ご希望の方は32週までに)受診をお願いします。
受診の際には、健康保険証、母子手帳、それまで通院されていた病院からの紹介状と検査結果のコピー、妊婦一般健康診査受診票(江別市で使用できない場合がありますので、あらかじめお住まいの保健センターに確認してください)をご持参ください。

助産師外来「紡~つむぎ」について
紡~つむぎ

「紡ぎ」とは、繭から繊維を引出し撚りかけて糸にすることで、ひとつひとつの出来事や行いが「人生」「愛」「夢」を形作っていくことを意味します。
当院に受診している妊婦さんと出会う縁を紡ぎ
ご家族を含めた出産にかかわるすべての人で命を紡ぎ
たくさんの人に助けてもらいながら心を紡ぎ
楽しく育児を行ってもらいたいという願いを込めました。

通常は産科医師が行う妊婦健診ですが、30~32週前後にご希望のある方には、助産師が妊婦健診を行っています。産科医師同様エコーも実施します。

助産師による妊婦健診は、安全・安心した出産・育児へとつなげることを目的としています。

リラックスした雰囲気の中で、体調のこと、普段の生活のこと、出産のこと、育児のことなど妊婦さんの些細な疑問や不安をお聞かせくださいじっくりお伺いしきめ細かなサポートさせていただきます。

対象となる方

正常な妊娠経過をたどっている妊娠30~32週前後の医師から許可があった方。それ以外の妊婦健診は医師が行います。

私たちがお産を支えます
15145e4c11103ba82b183aac9ddb5fe1e11025e8.jpg obstetrics_and_gynecology_outpatient_staff.jpg