江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

病院指標

平成29年度 平成28年度
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。
平成29年度 江別市立病院 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 486 94 115 184 272 365 745 1,071 1,121 373
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんに医療の提供を行っております。
特に60歳以上の患者さんは全体の約7割を占めており、肺炎や心不全、大腿骨頚部骨折等で入院される方が多くなっています。
20代から40代は、胃腸炎や虫垂炎等の消化器系疾患や産婦人科系疾患が多くなっています。
また、小児の患者さんは気管支炎等の呼吸器疾患や中耳炎等の感覚器系疾患(耳鼻咽喉科)が多くみられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 85 14.59 12.34 3.53% 78.36
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 59 4.73 5.50 3.39% 52.51
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 58 18.40 20.83 8.62% 82.86
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 42 10.76 7.39 2.38% 64.88
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 38 13.58 13.51 5.26% 85.26
当院の入院患者さんの4割弱が内科の患者さんです。
内科では尿路感染症の患者さんが最も多くなっています。これに次いで、急性腸炎や誤嚥性肺炎を多く治療しています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 14.52 10.61 12.00% 79.68
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 13.94 10.71 6.25% 66.81
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 14 9.43 8.73 0.00% 78.29
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 7.21
060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.08
消化器科では、上部・下部消化管や胆道等の消化器全般の診療を行っており、
中でも、総胆管結石や総胆管結石性胆管炎に対する内視鏡的治療を最もなっています。
外科的治療が必要となった場合は、外科医と連携し治療にあたっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 82 3.15 3.03 0.00% 72.51
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 60 21.15 17.71 1.67% 80.37
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 27 5.85 7.71 3.70% 66.59
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 22 7.82 4.62 0.00% 71.86
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 20 11.85 11.21 0.00% 81.10
循環器科では、心不全の治療が最も多くなっています。
これに次いで、不整脈の治療や狭心症の検査のための入院が多くなっています。
また心臓カテーテル検査(CAG)や冠動脈インターベンション(PCI)についても行なっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 167 7.20 6.18 1.20% 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 33 4.48 5.94 0.00% 1.36
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 31 3.32 5.50 0.00% 4.65
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 29 4.45 6.32 0.00% 3.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 27 4.15 4.84 0.00% 2.15
小児科では、急性気管支炎やウイルス性腸炎、気管支喘息などの治療を行っています。
この他、母子感染、早産児、低出生体重児などの新生児疾患の治療についても行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 49 3.04 4.47 0.00% 65.59
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 34 7.21 7.40 0.00% 61.79
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 33 3.58 4.38 0.00% 62.55
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 20 7.70 9.88 0.00% 39.55
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 17.31 15.61 6.25% 76.13
外科では、大腸癌手術症例が増加傾向にあり、集学的治療として化学療法が最も多い症例となっています。
この他に急性胆嚢炎や急性虫垂炎に対する腹腔鏡手術による治療も多く行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 80 57.09 27.09 6.25% 83.43
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 26 18.50 5.21 3.85% 54.15
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 14 44.50 19.94 14.29% 77.00
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 13 20.15 9.49 0.00% 44.15
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 12 71.75 26.82 8.33% 70.00
整形外科の症例の多くは、手術が必要な症例です。
高齢者による大腿骨の骨折が最も多い症例となっています。
これに次いで、橈骨遠位端骨折、腰椎圧迫骨折が多くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2-なし 21 21.33 20.41 14.29% 32.10
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 21 13.71 9.91 4.76% 46.29
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 12 7.17 6.37 0.00% 45.58
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 10 8.50 12.08 0.00% 30.80
120140xxxxxxxx 流産 10 2.00 2.43 0.00% 34.80
産科で分娩前に入院する最も多い症例は切迫早産・流産です。
婦人科は子宮筋腫による入院が最も多くなっております。
この他に婦人科では卵巣腫瘍などの手術を行っております。
なお、正常分娩は保険外診療となる為、病院指標には含まれておりません。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020180xx97x1x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2-1あり 11.09
020200xx9711xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-1あり 9.54
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり 10.58
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし 15.47
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 10.21
眼科で最も多い症例は白内障治療ですが、DPC対象症例ではない為、件数は計上されていません。
この他に、糖尿病性網膜症や網膜剥離の手術治療も行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 22 8.95 8.01 0.00% 18.95
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 15 5.00 5.48 6.67% 41.40
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 13 7.77 5.15 0.00% 75.15
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 10 3.00 3.29 0.00% 4.10
030428xxxxxxxx 突発性難聴 9.18
耳鼻咽喉科では、慢性扁桃炎や扁桃肥大に対する口蓋扁桃手術が最も多い症例です。
この他に、めまいの症状や急性扁桃炎に対する対処療法も多く行っています。
平均在院日数は、概ね全国平均並みとなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 40 7.95 7.31 2.50% 75.40
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1-なし 副傷病なし 37 3.35 5.75 0.00% 62.86
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 27 12.19 9.73 3.70% 76.67
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 24 2.00 5.17 0.00% 71.13
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 副傷病なし 19 12.26 14.59 5.26% 81.05
泌尿器科は、膀胱癌に対する経尿道的膀胱腫瘤手術を最も多く行っています。
これに次いで、腎結石や尿管結石に対する内視鏡を用いたレーザー破砕除去術や、
前立腺肥大症に対して行う経尿道的経尿道的前立腺切除術を多く実施しています。
平均在院日数は、概ね全国平均より短くなっています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし 28 19.50 12.23 0.00% 48.79
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 23 35.74 22.44 0.00% 76.00
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2-なし 20 6.75 13.36 0.00% 76.50
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 3.19 11.34 0.00% 73.88
07040xxx99xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 手術なし 13 2.00 11.76 0.00% 70.31
麻酔科(ペインクリニック)は、帯状疱疹後神経痛や骨粗鬆症、脊椎関節症、変形性腰椎症に対する治療を中心に行っています。
帯状疱疹後神経痛や三叉神経痛については、患者さんの症状に応じて、神経ブロック注射による治療も実施しています。
線維筋痛症や骨粗鬆症の症例については、リハビリを実施する場合もある為、
平均在院日数が全国平均より長くなっています。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 14.65
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1-なし 副傷病なし 13.96
100391xxxxxxxx 低カリウム血症 12.82
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2-なし 17.51
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 10.05
当院は精神科病棟を有しており、統合失調症やうつ病、躁うつ病、認知症等の感情障害の患者さんを中心に治療を行っています。
身体疾患を併発している場合は、他診療科と連携し治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 11 14 14 1 7
大腸癌 22 11 68 25 62 1 7
乳癌 17 11 11 19 1 7
肺癌 14 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、胃や大腸の消化器悪性腫瘍に対して、外科的治療や化学療法等の集学的治療を行っています。
また、乳がんについては乳腺専門外来を開設し、診断から治療まで一貫して行っており、症例数は増加傾向にあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 11.00 61.00
中等症 31 16.90 85.48
重症 121 16.69 80.57
超重症 18 23.94 86.56
不明
成人の肺炎患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
昨年と比較すると、重症の患者さんが増加しています。
平均年齢は中等症以上が80歳を超えており、重症度が高くなるにつれて平均在院日数が長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
-
当院は脳神経外科を有していない為、他医療機関へ転院等の対応を行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 32 2.41 1.53 6.25% 69.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 6.10 16.60 70.00% 80.50
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)
内科では、慢性腎不全の人工透析患者に対して、経皮的シャント拡張術を行っています。
また、施設入所中の方等に胃瘻造設を行うこともあります。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 135 0.51 1.24 0.00% 68.19
K654 内視鏡的消化管止血術 28 1.14 15.54 3.57% 71.36
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 4.12 21.36 12.00% 80.28
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 13 0.08 1.54 0.00% 68.38
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 11 1.27 7.45 0.00% 77.45
消化器科では、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く、2~3日程度の短期入院で治療が可能です。
また、消化管出血等に対する止血術等も実施しています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 18 5.39 3.44 0.00% 73.72
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 12 0.00 13.25 0.00% 71.17
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 11 0.18 10.18 9.09% 71.45
K597-2 ペースメーカー交換術 11 2.64 10.55 0.00% 84.09
K596 体外ペースメーキング術
循環器科では、不安定狭心症や急性心筋梗塞に対する経費的冠動脈ステント留置術を、
365日可能な限り実施できる体制をとっております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
K300 鼓膜切開術
小児科では、当院で出生した新生児が、出生時に呼吸障害などの症状がみられた場合、仮死蘇生術を実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 50 2.10 4.66 0.00% 60.80
K6335 鼠径ヘルニア手術 42 0.86 3.00 2.38% 69.24
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 7.24 18.19 0.00% 74.95
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 20 0.10 6.60 0.00% 39.55
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 20 0.65 3.50 0.00% 63.90
外科では、急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く実施しています。
この他に、大腸癌に対する手術については腹腔鏡下手術を中心に行っており、患者さんの負担が小さい治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 58 7.48 47.36 3.45% 81.10
K0811 人工骨頭挿入術(股) 34 9.59 45.35 11.76% 82.94
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 23 5.48 22.00 8.70% 60.35
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、手(舟状骨を除く)、指、足、膝蓋骨) 18 4.22 34.78 5.56% 61.44
K0821 人工関節置換術(股、膝) 16 5.00 37.31 0.00% 74.88
整形外科では、骨折に対する手術が最も多く実施されています。
いずれの手術も高齢者の下肢骨折が多く、ADL改善までに日数を要する場合、
当院の地域包括ケア病棟へ転棟し、リハビリ治療を行うことがあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K877 子宮全摘術 22 2.55 10.09 4.55% 76.50
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 16 1.00 5.13 0.00% 44.06
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 14 1.79 5.50 0.00% 43.64
K9091 流産手術(妊娠11週まで)
K867 子宮頸部(腟部)切除術
産婦人科で最も多い手術は子宮全摘術です。
患者さんの症状に応じて、開腹手術か腹腔鏡下手術いずれか選択して行います。
これに次いで、良性卵巣腫瘍に対する手術が多く実施されています。
腹腔鏡下や膣式手術は、患者さんの負担が少ないので、1週間程度の入院で治療が可能です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 179 0.93 3.86 0.00% 76.37
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 18 1.33 6.06 0.00% 68.22
K249 角膜潰瘍掻爬術
K2762 網膜光凝固術(その他特殊)
K278 硝子体注入・吸引術
眼科は、白内障手術を最も多く実施しています。
入院期間は両眼の場合でも5日間と短期入院で治療が可能です。日帰りでの治療も可能です。
網膜・硝子体疾患については、放置すると失明の危険性の高い重篤な疾患であるため、大学病院と連携して治療にあたっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 19 1.00 7.37 0.00% 20.89
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 10 1.00 1.00 0.00% 4.10
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術)
K347-6 内視鏡下鼻腔手術2型(鼻腔内手術)
耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃手術や鼓膜チューブ挿入術を多く実施しています。
入院期間は3日~8日程度と短期入院で治療を行っています。
この他に、内視鏡を使用した副鼻腔手術も実施しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 42 2.05 2.71 2.38% 66.10
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 41 1.78 5.12 2.44% 75.02
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 40 0.18 2.75 0.00% 72.90
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 28 4.43 7.00 3.57% 76.43
K805 膀胱瘻造設術
泌尿器科では、尿管結石に対する経尿道的尿路結石除去術を、内視鏡およびレーザーを用いた低侵襲手術で行っています。
この他に、膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性手術や、尿管狭窄に対する経尿道的尿管ステント留置術がを実施しています。
精神科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K866 子宮頸管ポリープ切除術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術)
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))
他診療科と連携し、場合によっては転科をして手術を実施しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 10 0.21%
異なる 18 0.37%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 50 1.04%
異なる 10 0.21%
敗血症は、肺炎や尿路系疾患など、感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、
重篤な全身症状を引き起こします。入院時に敗血症と診断される場合もありますが、
何らかの重篤な感染症で入院し、入院中に敗血症に進展する事例もあります。
手術・処置等の合併症は、人工関節の脱臼や人工透析患者さんのシャント狭窄等がみられました。
手術や処置等は最新の注意を払って施行しておりますが、一定の確率で合併症は起こり得ます。
尾のため、合併症が起りうる手術や処置等の前には、患者さんやご家族へ説明するよう努めています。
更新履歴
2018/09/28 平成29年度 病院情報の公表 掲載


このページのトップへ

江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

平成28年度 江別市立病院 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 510 139 154 207 335 460 895 1,249 1,310 400
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんに医療の提供を行っております。
特に60歳以上の患者さんは全体の68%を占めており、肺炎や心不全、大腿骨頚部骨折等で入院される方が多くなっています。
20代から40代は、胃腸炎や虫垂炎等の消化器系疾患や産婦人科系疾患が多くなっています。
また、小児の患者さんは気管支炎等の呼吸器疾患や中耳炎等の感覚器系疾患(耳鼻咽喉科)が多くみられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 106 14.70 12.43 4.72% 79.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置2なし 74 4.45 5.50 0.00% 46.70
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 16.67 17.95 6.85% 84.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 23.30 21.25 11.43% 84.74
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 56 3.84 5.24 0.00% 68.82
当院の入院患者さんの約4割が内科の患者さんです。
内科では尿路感染症の患者さんが最も多くなっています。これに次いで、急性胃腸炎、心不全について多く治療しています。
尿路結石症と誤嚥性肺炎については、平均年齢が80歳近いこともあり、難治性かつ重症化しており、入院期間は2週間程度となっています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置2なし 副傷病なし 66 15.48 11.06 4.55% 79.02
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 25 9.64 9.02 4.00% 73.28
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 13.75 10.93 0.00% 64.90
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 12 3.00 4.41 0.00% 75.08
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11.20
消化器科では、総胆管結石や総胆管結石性胆管炎に対する内視鏡的治療を最も多く行っております。
外科的治療が必要となった場合は、外科医と連携し治療にあたっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 109 3.33 3.06 0.92% 70.16
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 5.58 4.71 3.23% 67.84
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 12.35 13.02 0.00% 69.61
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 15.00 17.95 11.76% 78.35
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 11.38
循環器科では、狭心症や急性心筋梗塞に対する、経皮的冠動脈形成術や経皮的冠動脈ステント留置術を数多く行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2,500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 150 7.21 6.18 0.00% 0.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 41 3.41 5.50 0.00% 3.44
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 37 4.86 6.02 0.00% 1.51
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 4.69 6.42 0.00% 4.66
030270xxxxxxxx 上気道炎 27 4.33 4.83 0.00% 2.89
小児科は、出生児の入院による管理や胃腸炎、急性気管支炎による入院症例が多くなっています。
平均在院日数は、全国平均と比較すると、平均より短くなっている疾患が多くみられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 64 3.11 4.48 0.00% 66.02
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 26 3.19 4.41 0.00% 62.23
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 6.26 7.61 0.00% 64.61
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 19 6.37 6.82 0.00% 64.47
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 8あり 12 2.08 7.89 0.00% 52.25
外科では、大腸癌手術症例の増加に伴い、集学的治療としての化学療法が増加傾向です。
全身麻酔件数に対する腹腔鏡手術の導入率は50%を超えています。
平均在院日数はいずれの症例においても全国平均より短くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 77 58.08 27.63 9.09% 82.62
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 16 22.69 10.04 0.00% 57.44
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 16 14.69 5.49 0.00% 56.56
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 14 21.29 15.97 14.29 86.50
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 12 14.75 9.86 0.00% 41.67
整形外科は、高齢化に伴う骨粗鬆症の影響による大腿骨近位部骨折が最も多い症例です。これに次いでアキレス腱断裂、橈骨遠位端骨折が多く、これらはいずれも手術が必要な症例となります。
当科は、合併症も多く、入院後に術前検査を実施する患者さんが多いことから、平均在院日数が全国平均より長くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 24 18.04 20.79 16.67% 28.92
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 18 6.44 6.29 0.00% 42.67
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 16 8.56 12.29 0.00% 30.25
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 14 6.14 6.42 0.00% 47.71
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 11 11.09 10.05 0.00% 47.09
産婦人科で最も多い症例は、切迫早産の管理入院です。当院での入院治療において症状が軽快しない場合は、周産期医療センターへ母体搬送しています。
この他、子宮筋腫や良性卵巣腫瘍についても手術による治療を行っています。
平均在院日数は全国平均より短い症例が多くみられます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 29 6.66 5.24 0.00% 63.45
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 19 8.63 8.12 0.00% 13.42
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 17 3.00 3.32 0.00% 3.53
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 5.50
030370xxxxxxxx 鼻ポリープ 5.05
耳鼻咽喉科は、めまいの症状で受診され、原因検索と症状改善までの対処療法が必要な患者さんが最も多く入院されています。
慢性扁桃炎や扁桃肥大に対する口蓋扁桃手術による治療や、中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術を実施しています。
平均在院日数は全国平均並みとなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 2.91
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 10.53
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 3.46
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 3.40
020350xx97x0xx 脈絡膜の疾患 手術あり 手術・処置等2なし 8.49
眼科で最も多い症例は白内障ですが、DPC対象症例ではないため、件数は計上されていません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 35 2.54 5.33 0.00% 68.57
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 34 3.38 5.83 0.00% 60.41
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2なし 29 6.62 7.44 0.00% 76.76
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 24 8.88 9.98 0.00% 74.04
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 20 6.90 12.43 0.00% 5.00%
泌尿器科では、水腎症に対する経尿道的ステント留置術症例や、腎結石や尿管結石に対する内視鏡を用いたレーザー破砕除去症例が多くみられます。
次に多いのは、膀胱癌に対して行う経尿道的膀胱腫瘍切除術や前立腺肥大症に対して行う経尿道的前立腺切除術の症例です。
平均在院日数はいずれの症例も全国平均より短くなっています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし 27 6.78 13.33 0.00% 79.74
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 24 32.54 23.61 8.33% 76.21
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 4.73 11.16 0.00% 67.23
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし 12.41
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 18.36
麻酔科(ペインクリニック)では、帯状疱疹後神経痛、骨粗鬆症、脊椎関節症、変形性腰椎症に対する治療を主に行っています。帯状疱疹神経痛や三叉神経痛に対して、症状に応じて神経ブロックによる治療も行っています。
平均在院日数は全国平均より短い傾向にありますが、リハビリを実施する場合は、在院日数が長くなることもあります。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.71
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 3.64
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1なし 副傷病なし 9.98
161070xxxxx11x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 1あり 副傷病あり 11.54
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 16.16
当院は、精神科病棟を有しています。パーキンソン病等の神経疾患、統合失調症やうつ病、躁うつ病、認知症等の感情障害の患者さんを中心に治療を行っています。
また、身体疾患を併発している場合も、他診療科と連携しながら治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 12 11 1 7
大腸癌 15 17 25 32 51 99 1 7
乳癌 21 11 20 1 7
肺癌 17 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、胃癌や大腸癌の消化器悪性腫瘍に対して、外科的治療や化学療法等の集学的治療を行っています。特に胃癌と大腸癌においては、腹腔鏡下手術の占める割合が多く、胃癌は4割、大腸癌は約7割となっており、低侵襲手術を積極的に行っています。
また、近年増加傾向にある乳がんについては、乳腺専門外来を開設し、診断から治療まで一貫して行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 7.52 55.48
中等症 112 14.07 80.42
重症 22 18.82 86.82
超重症 22 19.00 83.64
不明
当院は地域急性期病院として、内科を中心に多くの肺炎症例の治療にあたっています。また、現在は肺炎球菌性肺炎の臨床研究(JPAVE研究)に参加しています。中等症の患者が最も多く、約61%を占めています。平均年齢は、中等症以上が80歳を超えており、高齢になるにつれて重症化することがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 13 29.77 84.46 23.08%
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
当院は脳神経外科を標榜していない為、他医療機関へ転院等の対応を行っておりますが、脳梗塞の症状が軽微であり、かつ当院に通院中の患者さんの場合は、当院にて治療を行う場合があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 34 0.21 3.50 2.94% 64.71
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
内科では、慢性腎不全の透析患者さんに対して、経皮的シャント拡張術を行っております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 160 0.54 1.24 0.00% 68.03
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 49 1.41 17.90 4.08% 79.94
K654 内視鏡的消化管止血術 29 0.66 16.17 3.45% 66.59
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 25 2.08 8.80 4.00% 79.40
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 24 1.04 8.79 4.17% 73.58
消化器科では、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く、3日程度の短期入院で実施しています。
また、早期胃癌に対しての内視鏡的粘膜下層剥離術も実施しています。
消化管出血等に対する止血術の処置については、入院当日の対応も可能となっております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 29 5.07 2.76 3.45% 69.28
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 16 0.06 9.38 6.25% 73.13
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 15 0.00 12.47 0.00% 70.20
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
K596 体外ペースメーキング術
循環器科では、不安定狭心症や急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術を365日、24時間実施可能な体制をとっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的)
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
K300 鼓膜切開術
K0461 骨折観血的手術(上腕)
小児科では腸重積の患者さんに、肛門から造影剤または空気を注入し圧をかけ整復する、腸重積症整復術(非観血的なもの)や、出生時に呼吸障害等の症状がみられた場合、仮死蘇生術を実施します。
鼓膜切開術や骨折の手術等は、必要に応じて他診療科と連携して行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.00 4.38 0.00% 64.21
K6335 鼠径ヘルニア手術 38 0.68 3.66 0.00% 68.05
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 18 0.44 3.89 0.00% 62.89
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 15 3.13 18.13 0.00% 69.67
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 1.00 9.00 0.00% 62.92
外科手術では、急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く実施しています。この他にも、虫垂炎について腹腔鏡下手術を中心に行っており、傷の小さな患者にやさしい治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 57 8.98 44.81 7.02% 76.18
K0811 人工骨頭挿入術(股) 27 11.37 42.89 11.11% 82.44
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 27 3.96 19.81 0.00% 54.11
K0821 人工関節置換術(股、膝) 17 2.47 47.41 0.00% 79.06
K037-2 アキレス腱断裂手術 16 3.19 18.50 0.00% 57.44
整形外科では、骨折に対する手術が最も多く実施されております。その中でも、高齢者の下肢骨折が特に多く、ADL改善までに日数を要することから、平均術後日数が長くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 22 5.14 3.59 0.00% 44.45
K877 子宮全摘術 17 1.88 9.18 0.00% 51.94
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 14 0.86 4.00 0.00% 46.00
K9091 流産手術(妊娠11週まで)
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式)
産婦人科で最も多い手術は、腹腔鏡下膣式における子宮全摘手術となっております。
これに次いで、良性卵巣腫瘍や子宮脱に対する手術が多く実施されています。いずれも腹腔鏡下や膣式手術が主であるため、患者さんの負担が少ない治療を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 19 1.00 1.63 0.00% 3.58
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 0.86 6.93 0.00% 16.71
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)
K318 鼓膜形成手術
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)
耳鼻咽喉科では、鼓膜チューブ挿入術、口蓋扁桃手術を多く実施しており、いずれも幼児や就学時が多い傾向にあります。
口蓋扁桃手術については、入院期間が昨年の10日程度から7日程度となり、より短期入院での治療が可能となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 214 1.00 3.59 0.47% 76.95
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入)
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
K214 霰粒腫摘出術
眼科の入院は、手術目的での入院が中心となります。最も多い症例は白内障手術で、眼科手術の役9割を占めています。
高齢の患者さんが多く、両眼に白内障を患っている場合、日帰り治療か1入院での治療か選択していたくことができます。
網膜・硝子体疾患については、放置すると失明の危険性がある重篤な疾患であるため、大学病院と連携して治療にあたっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 0.20 1.51 0.00% 68.50
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 34 2.59 3.29 0.00% 76.15
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 26 2.46 5.27 0.00% 75.54
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 18 1.17 1.17 0.00% 62.11
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 16 1.00 1.44 0.00% 58.50
泌尿器科では、尿管狭窄に対して行う、経尿道的尿管ステント留置術が最も多く実施されています。
次いで膀胱癌に対して行う経尿道的膀胱悪性腫瘍手術が多く、この他に経尿道的前立腺手術や尿路結石除去術も実施しています。
入院日数は3日~10日程度となっており、短期入院での手術が可能となっています。
精神科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)
K467 頸瘻摘出術
精神科に入院している患者さんについて、手術が必要な場合は、他診療科と連携して実施しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 13 0.23%
異なる 11 0.19%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 1.15%
異なる
敗血症は、入院した時に敗血症と診断された症例だけではなく、尿路系疾患等で入院され、その後全身状態が悪化し敗血症となってしまった例がみられました。
手術・処置等の合併症については、人工関節の脱臼や手術後の創感染、シャント狭窄等がみられました。
手術や処置等は最新の注意を払って施行しておりますが、一定の確率で合併症は起こり得ます。その為、合併症が起りうる手術や処置等の前には患者さんやご家族へ説明するよう努めています。
更新履歴
2017/09/27 病院情報の公表 掲載
このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。